地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、水戸市・ひたちなか市の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

水戸市・ひたちなか市の地域情報サイト「まいぷれ」水戸市・ひたちなか市

まいぷれセレクション

【水戸】劇団民藝+こまつ座『ある八重子物語』【劇団民藝】


『女優』という職業の確立を目指した時代の先駆け『水谷八重子』。

その芸と生き様に魅せられた人々を描く傑作戯曲。

出演

篠田三郎 [青山事務所]

有森也実 [客演]

別府康子・吉田陽子・桜井明美・中地美佐子・藤巻るも・印南 唯・加塩まり亜・佐々木郁美・清水川千紘

千葉茂則・横島 亘・みやざこ夏穂・吉岡扶敏・塩田泰久・吉田正朗・平野 尚・横山陽介・愼 将吾・小守航平

開催日2023年12月19日 (火)
会場

ザ・ヒロサワ・シティ会館(大ホール)

水戸市千波町東久保697番地

時間開演13:00 (開場12:00)
チケット

全席指定/一般4,500円(友の会4,000円

大学生以下/2,000円

※未就学児入場不可

チケットの予約・購入https://piagettii.s2.e-get.jp/web5ap05q/pt/?G=030bunk4&RTNfld=icf_bun&app=s5pt0&RTNent=pe&RTNmyp=pm&RTNtik=pt&k=d01c1bdac31ffa02565960f06f24079f411ab85dlo3u13zz
アクセス

【公共交通機関】

水戸駅北口8番バス乗り場より
関東鉄道バス【行先】文化センター・本郷方面に乗車し、文化センター下車
茨城交通【行先】千波・笠原 メディカルセンターに乗車し、文化センター前下車

※文化センター入口で下車してしまうと、当館までは徒歩数分かかりますのでご注意ください

 

【車】

水戸ICから水戸市内方面に約30分

お問い合わせ先

ザ・ヒロサワ・シティ会館

029-241-1166(電話9:00~17:00 窓口10:00~17:00)

あらすじ

神田川が隅田川へと流れこみ、花街として栄えた柳橋。舞台は、昭16(1941)年から敗戦直後の昭21(1946)年にかけての柳橋・古橋医院。

ここに集う人びとは、水谷八重子に心酔する古橋院長を筆頭に、事務方、看護婦、女中まで全員が大の新派マニア。患者の身の上話もたちまち「婦系図」風の筋書きに。

そこへ八重子そっくりの「音楽のような声」をもつ芸者花代が登場、恋愛事件もわきおこって大騒動。はたまた「女形の研究」に熱中するあまり、入営日に寝過ごし徴兵忌避者になってしまう大学生もからんで……。

新劇から出発して新派で活躍した初代・水谷八重子(1905~1979)。「世の中がいまより少しでもましになりますように」という新劇の考え方に影響を受け、〈女優〉という新しい職業の確立をめざした時代の先駆けとして知られています。水谷八重子の芸と生きざまに魅せられた人びとをユーモラスな筆致で描く傑作戯曲です。

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

この記事に関するキーワード

人気のキーワード