地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、水戸市の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

水戸市の地域情報サイト「まいぷれ」水戸市

新型コロナワクチン接種について

新型コロナワクチン接種について

現在、新型コロナウイルス感染症のワクチン開発が国内外で進められています。
水戸市においても、速やかにワクチンの接種が可能となるよう準備を進めています。

水戸市の新型コロナワクチン接種に関する方針について

基本方針

水戸市においては、かかりつけ医による接種と公的施設等で実施する集団接種を組み合わせた接種を目指しています。

また、接種を受ける際の予約については、水戸市が受け付ける予定です。
コールセンターまたは専用サイトから予約を行っていただけるよう、準備を進めています。

接種の流れ(想定)

ワクチン接種の流れの画像

接種場所について

医療機関

市民のみなさまのワクチン接種への不安をできる限り払拭するため、安心して接種することができる、近くて通いなれた「かかりつけ医」である医療機関での接種ができるよう、関係機関との調整を進めています。

具体的な接種場所については、決まり次第、「広報みと」やホームページ等でお知らせします。

集団接種会場

個別接種のほか、円滑にワクチン接種を進めるため、医療機関の少ない地域などを対象に、集団接種会場の設置を予定しています。

夜間や土日に対応するため、常設の会場を設置する予定です。
また、平日や土日に巡回して対応する会場を、市民センターなどの公的施設に設置する予定です。
集団接種会場についても、関係機関との調整を進めています。

具体的な接種場所については、決まり次第、「広報みと」やホームページ等でお知らせします。

コールセンター、予約専用サイトについて

医療機関の負担軽減を図るため、予約受付を水戸市で実施する予定です。
コールセンター、予約専用サイトの設置に向け、準備を進めています。

接種対象者、接種順位など

接種対象者

  16歳以上のすべての市民

※ワクチン接種は強制ではありません。

予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクなど、しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。

接種順位

国において、全国民分のワクチンの数量の確保を目指しています。
ワクチンは、徐々に供給が行われることになりますので、一定の接種順位を決めて、接種を行っていきます。

現時点での予定は、以下のとおりです。

  1. 医療従事者等の方
  2. 高齢者の方(65歳以上の方・令和3年4月1日から令和4年3月31日の間に65歳になる方)
    (茨城県の方針に基づき、高齢者施設の入所者から優先的に接種を行います。)
  3. 高齢者の方以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
  4. それ以外の方

※現在薬事承認されている、ファイザー社の新型コロナワクチンについては、16歳以上が薬事承認の対象となっています。
 また、予防接種法に基づく公費での接種の対象は16歳以上の方です。このため、16歳に満たない方は、ワクチンの接種の対象にはなりません。

接種開始時期

対象者の接種スケジュールの詳細は、現在のところ、国から示されていませんが、高齢者の方の接種は、早くても4月以降を想定しています。
開始時期が決定しましたら、ホームページ等でお知らせします。

クーポン券(接種券)送付時期

住民票のある市町村が、接種開始時期に合わせて個人単位で送付します。

接種回数

2回

ワクチンの効果を十分得るために、通常3週間空けて2回受ける必要があります。

接種場所

原則、住民票所在地の市町村での接種となります。
水戸市内においては、市内の各医療機関や集団接種会場を設ける予定であり、現在、関係機関との調整を進めています。

具体的な接種場所については、決まり次第、ホームページ等でお知らせします。

なお、次のような事情のある方は、住民票所在地外で、接種を受けていただくことができる見込みです。具体的な手続きは、今後、国から示される見込みです。

  • 医療機関や施設に入居されている方
  • 遠隔地へ下宿している学生の方、単身赴任の方

接種費用

無料です。

接種を受けた後に副反応が起きた場合

予防接種の副反応による健康被害は、極めて稀ですが、不可避的に生ずるものですので、接種に係る過失の有無にかかわらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を迅速に救済するものです。

予防接種法に基づく予防接種を受けた方に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、市町村により給付が行われます。

添付ファイルのダウンロード

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(無料)が必要です。

人気のキーワード